カードローンの申し込み時にバイト先に言っておくこと

職業がアルバイトであっても、カードローンの審査に通ることはあります。
たとえば、アルバイトとしての在職期間が長ければ、
収入が安定していて、仕事も安定していると見なされるからです。

カードローン会社としては、貸したお金が利息込みでちゃんと
返ってくればそれでいいので、収入が安定していればアルバイトでも問題ないのです。

在籍確認の電話があるので、親しいならあらかじめ説明しておく

では、カードローンの審査を申し込むにあたって、
バイト先に対して何か連絡しておくことはあるかというと、
もし、電話を受ける人と親しいのであれば、在籍確認の電話がかかってくると
言っておいてもいいでしょう。
というのは、カードローン会社からかかってくる在籍確認の電話というのは、
申込者が勤めているか、そうでないかの確認だけで、
ちゃんと勤めていることがわかれば伝言などを伝えることなく、
電話を切ってしまうからです。

いきなり、そういった電話を受けた場合、バイト先の人からすると、
不審なイメージを持つ可能性があります。
社名ではなく、個人名を名乗るので余計に変に思われることがあります。
なので、あらかじめ、ローンに申し込んだので電話がかかってきますと
伝えておいた方が安心なのです。

ローンの内容については、あまり詳しく話す人はないでしょう。
たとえば、カードローンの会社から電話がかかってくると言ってしまうと、
お金を借りるということが簡単にわかってしまうので、
単にローンの審査と言ったり、あるいは、クレジットカードの審査で
と伝えておく方がいいでしょう。