信用情報機関とは?

融資を受ける際の審査については、
審査についてのページでも触れましたが、
例えば、既に数社の借り入れをしている人が、
「他社での借り入れはありません。」
と偽って申し込みを行ったとしたら
審査に通ることができるのでしょうか?

こういった場合は
まず100%審査に通らない
といっていいでしょう。

金融機関で融資を受ける際の審査とは、
利用者が申し込みの際に申告した内容を鵜呑みにして
「はいそうですか。」という風に審査を行っているわけではありません。

信用情報機関と呼ばれる、これまでの借り入れ履歴や返済状況、
現在融資されている額のほか、個人の年収や職業などを扱っている
情報機関にある情報と照合
して、申告された内容と相違がないかどうか?
確認した上で、返済能力があるかどうかについては各金融機関によって審査する
という形になっています。

ですから、他社借り入れに限らず、勤務先などそれ以外の申告事項についても
偽りの申告を行うと、たちまち虚偽の申告であることはわかってしまいます。

3つの信用情報機関

個人情報機関には主に以下の三つがあります。

・全国銀行協会
銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟

・CIC((株)シーアイシー)
クレジットカード会社、信販会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟

・JICC((株)日本信用情報機関)
貸金業、クレジット会社、保証会社などが加盟

また、上記の3つが共有できるCLINと呼ばれる情報があり、
延滞履歴や、事故情報などについてはどの信用情報機関に照会した場合でも、
すぐにわかる仕組みになっています。

ちなみにキャッシングなどの融資についての申し込み履歴は3ヶ月、CICは6ヶ月
利用履歴は5年間、情報として残されており、借り入れ総額は照会できるようですが、
どこでいくら借りているか?までは照会できないようです。

このように、融資の申し込みに関しては、
虚偽の申告をしてもちゃんとわかってしまう仕組みになっています。
正直に申告していれば審査を通ることができる場合でも、虚偽の申告をしてしまったことで、
審査に通ることができなくなってしまうといった例もあります。

申し込み時の申告事項は、正直に申告すべきだということを、
覚えておきましょう。