審査について

消費者金融でのキャッシング、
および銀行、信販会社でのキャッシング。
これらのサービスを利用して借り入れを行う場合に、
必ず審査が行われます。

当然、利用者に返済能力があるかどうか?
審査するわけですが、この審査基準、内容などは
どの金融機関も非公開となっています。

ですので、例えば審査に通らなかった場合など、
審査に通らなかった理由については通常知ることができません。

しかし、審査の対象としている項目については、
金融機関によって細かな違いはあるとはいえ、
おおまかには、ほぼ同じであるといわれていて、
年齢、職業(勤務先)勤続年数、年収、他社借り入れ
などを審査基準としているようです。

大きく違う審査基準

審査の際の項目はほぼ同じではあるものの、
消費者金融と銀行とでは、どこまでをOKとするか?の
審査基準については大きく違ってきます。

これは非常に極端な例えですが、
銀行の場合は低金利での融資であることから、
審査の基準は高く設定されており、きちんと返済されることを前提としての融資である。

逆に消費者金融の場合は、銀行に比べると金利が高く設定されている分
審査基準が甘く
なっており、融資のうちある程度は回収ができなくても問題ではない。
現在では、グレーゾーン金利とも呼ばれた高い金利設定は法改正によって撤廃されましたが、
それ以前などは、ある程度は返済ができなくなったとしても
利益が出るような金利設定がなされていました。

ここまで極端なことは実際にはありませんが、
傾向として上記のような理由があることから、
審査基準に違いが生じているというのは現在でも変わりはありません。

銀行などと比べるのであれば審査が甘いといえる消費者金融。
そういった意味では、より気軽に利用することができるとも言えるかと思います。
しかし、気軽に利用できるからといって、無計画な借り入れは絶対にNGです。
無理なく返済できる範囲で、きちんと計画を立てて利用しないと、
大変なことになりかねません。

次のページでは信用情報機関とは?について書いてみたいと思います。