利率が年4.5%~18.0%

キャッシングの利率は、10万以上100万未満であれば最大金利は18%になります。
そして100万以上であれば15%が最大金利となります。

多くのキャッシングをやっている会社で金額が大きくなればなるほど
利率は下がっていくことになります。
そして、一番低い場合で最小金利で4.5%になります。

当然ですが、お金を多く借りれば借りるほど利率が低くても
支払い金額が増えることになります。

複数の借り入れがあるなら場合によってはまとめる事で金利4.5%などが可能になることも

もし、様々なキャッシング会社で低額のお金を借りることにすると
金利は高いキャッシングを多くすることになってしまいます。
借りれないと思いますが、例えば50万を10箇所で借りてしまうと
金利18%になる場合がほとんどで、そのときの年間の金利の支払額は90万にもなってしまいます。
これを一箇所にまとめてキャッシングをすることになると最小金利4.5%になるところも
ありますので年間の金利の支払額は22万5000円となることになります。

このように複数のところでキャッシングするより一箇所でまとめてキャッシングを
するほうが年間の支払額が少なくなるということになります。
このことをおまとめローンという表現で使うところがあります。
また、金額が徐々にお金を返済することによって金額が減ってきたとしても、
基本的に利率が上がることはありません。
つまり500万から徐々に減らしていけば4.5%のまま最後まで行くことも可能になりますので、
キャッシングをするならできる限り一箇所でするようにするべきです。