総量規制について

消費者金融のキャッシングを利用する上で、
知っておきたい事柄として総量規制があります。

2010年6月より完全施行されたこの法律は、
それまは貸す側の裁量に委ねられていた
個人への融資について、年収によって規制するように
取り決められたものです。

個人の借り入れ上限
年収の3分の1までとし、
それを超えての借り入れは法律で禁止されることになりました。
この法律は貸金業法の中での取り決めとなりますので、
「貸金業者からの借り入れは」というただし書きが付きます。

具体的に言えば、銀行は貸金業者ではありませんので、
銀行からの借り入れは総量規制の対象外
となります。

クレジットカードのキャッシング枠も

また、クレジットカードのキャッシングに関しては、総量規制の範囲内となりますが、
ショッピング枠の分は現金の借り入れではありませんので、総量規制には含まれません。

例えば、年収300万円の人で、

・銀行から20万円
・消費者金融から50万円
・クレジットカードキャッシング枠で40万円
・クレジットカードショッピング枠で10万円

の借り入れがある場合だと、総量規制の対象となる借り入れはいくらか?
というと、50万円と40万円が対象ですので90万円となります。
この人の場合、年収の3分の1は100万円ですので、総量規制という観点から見れば
あと10万円は借り入れが可能ということになります。

総量規制という法律上の観点から見ればあと10万円は余裕がありますが、
この10万円を余裕と見るかどうか?実際に審査に通るかどうか?は、
借りる側および貸す側の判断といいましょうか?

個人的にはこれ以上借り入れを増やさずに、
どれかを完済した上で新しい借り入れを考えたほうが無難かな? と思えます。