キャッシング利用ができる金融機関

いわずもがな、キャッシングとは
小口の現金借り入れのことをいいます。

もっと堅い言い回しでいえば、
小口融資とでもいいましょうか?
この場合の小口とは、一般的におおよそ50万円まで
ぐらいだといわれています。

キャッシングという言葉が良く使われるようになったのは、
バブル崩壊後の90年代初頭ぐらいに、
それまで高金利であったりサラ金などとよばれ、
イメージが悪かった消費者金融業者が、業界のイメージアップを狙って
多用するようになったことが元なのではないかと個人的には考えています。

ちなみに最近では上記と同じような理由から、カードローンと呼ばれることもありますが、
実質的にはキャッシングとなんら変わりはないというのが実情かと思います。

キャッシング利用することができる金融機関には

・銀行
・信販会社系
(クレジットカードなど)
・消費者金融系

などが挙げられます。

いづれの金融機関も古くからキャッシング(融資)サービスを行っていて、
利用する際に利用者がどの金融機関を利用するかのポイントとして、

・審査
・金利
・融資スピード


などが挙げられます。

一般的には審査が厳しい順に、銀行⇒信販会社⇒消費者金融
金利が低い順に、銀行⇒信販会社⇒消費者金融
という傾向にあるといわれています。

融資スピードとは、申し込みを行ってから実際に融資を受けられるまでにかかる時間のことで、
おおまかには早い順に
消費者金融⇒信販会社⇒銀行だといわれています。

最近ではどの金融機関も、
インターネット経由でのPCやスマホからの申し込みに対応しており、
以前ほど融資までにかかる時間の差は少なくなってきている傾向にあります。

急いでいる場合は

これから申し込みをして即日で借り入れたいという場合などは、
消費者金融のキャッシングであれば即日融資に対応している業者が多くあります。

次のページでは即日融資は可能?について書いてみたいと思います。